家庭防災ハンドブック ホームへ戻る
家庭防災メモ印刷 チェックリスト印刷
備え 地震編 火災編 風水害編 応急手当 災害時要援護者

呼吸も脈もなかった場合2  <心肺蘇生法>

呼吸も脈拍も止まっている場合は、人工呼吸心臓マッサージをあわせて行います。それを心肺蘇生法といいます。
1人で行う心肺蘇生法の場合
@人工呼吸
最初に人工呼吸を2回行い、その後頚動脈で脈を5秒間確認します。
A心臓マッサージ
脈がないときは、心臓マッサージを15回行います。
B繰り返す
その後も人工呼吸を2回、心臓マッサージを15回の割合でリズムを保ちながら繰り返し行います。

2人で行う心肺蘇生法の場合
@準備
それぞれ心臓マッサージと人工呼吸の担当に分かれます。
A心臓マッサージ+人工呼吸
人工呼吸2回に続いて、心臓マッサージを5回行います。
B繰り返し
その後人工呼吸を1回、心臓マッサージを5回の割合で、リズムを保ちながら繰り返し行います。