家庭防災ハンドブック ホームへ戻る
家庭防災メモ印刷 チェックリスト印刷
備え 地震編 火災編 風水害編 応急手当 災害時要援護者

注意報と警報の違い

雨や風などによる被害が想定される場合は、事前に注意報警報が発表されます。
注意報と警報の定義
予報の種類 定        義
大雨情報 豪雨の心配があるときに出される警告です。
大雨注意報 豪雨の発生の可能性がある状況のもとで、実際に雨が降り始め、かなりの降水量となり、それが強まると見込まれる場合に出されます。
大雨警報 雨量がさらに増え、継続して降り、災害の発生も予想される場合の最大級の警告を表します。時間雨量40mm以上(総雨量120mm以上)の場合など。