家庭防災ハンドブック ホームへ戻る
家庭防災メモ印刷 チェックリスト印刷
備え 地震編 火災編 風水害編 応急手当 災害時要援護者

三角バケツの正しい使い方


三角バケツとは、部屋の隅に置いても邪魔にならず倒れにくいよう開発されたバケツのことです。

普通のバケツと違って、三角バケツの内部には仕切りがあります。一回の投水で全部の水が出ないようなつくりになっているので、数回に分けて水をかけることができます。

三角バケツの正しい使い方
@キャップをはずし、両足を開いて腰を落とします。
A腰までバケツを引き寄せ、火元を見ます。
B前方に押し出すように1回目はやや下に向けて投水します。
C2回目からは、火元の上のほうから数回に分けて投水します。