家庭防災ハンドブック ホームへ戻る
家庭防災メモ印刷 チェックリスト印刷
備える 地震編 火災編 風水害編 応急手当 災害時要援護者

平常時と災害時の活動

活動をすすめていくためには、自主防災活動の仕事を分担し、参加者の役割を分担させる必要があります。
班分けなどを行い、いざというときに的確な活動が行えるような組織づくりを行いましょう。
班にはリーダーを置き、そのリーダーなどで本部を構成するのが一般的です。

平常時 災害時
情報班
  1. 地震防災に関する正しい知識を吸収する。
  2. 地震災害を防ぐねらいどころや、家庭における防災の話し合いを指導する。
  3. 映画、講演、印刷物等により啓発し、防災意識の高揚を図る。
  4. 地震、その他の災害に関する情報の収集伝達方法を確立し、訓練する。
  1. 警戒宣言等の情報を的確に住民に提供し、混乱を防ぐ。
  2. 迅速かつ正確な災害情報を収集し、伝達する。
  3. 迅速かつ正確に被害状況を把握し、防災機関へ連絡する。
消火班
  1. 各家庭に消火器、バケツ等消火器材の備えを啓蒙する。
  2. 消火器の使い方、バケツリレー等による消火活動の訓練や指導をする。
  3. 電気、ガス器具等の正しい使い方を指導する。
  4. 地域内の消火栓、防火用水等施設の位置を把握し、周知する。
  1. 火災の発生が予想されるときは、直ちに各家庭に対し、火の始末を呼びかける。
  2. 火災が発生したときは、近隣の人達の協力を得て、初期消火に努めるとともに、消防本部へ連絡する。
救出・救護班
  1. 各家庭における応急処置法や、救急薬品の備えを指導する。
  2. 負傷者の救出に必要な用具を調達する。
  1. 負傷者が出た場合は、その救出活動にあたる。
  2. 状況によっては、近隣の人達の協力を得て安全な場所に収容し、応急手当てを施す。また、必要により医療機関等へ搬送する。
避難・誘導班
  1. 避難の際の心得(方法、用具、非常袋等)について、各家庭へ周知徹底する。
  2. 避難所、避難地を巡回点検して避難の方法ル-卜等を確立しておく。
  3. 避難誘導に必要な用具を整備し、避難誘導の訓練をする。
  1. 住民の生命に危険が生ずるおそれがあるとき、又は防災機関から避難勧告、避難命令が発せられたときは、混乱なく安全に誘導する。
  2. 避難所へ誘導したときは、その状況を防災機関へ連絡する。
  3. 滞在時問によっては、避難者の協力を得て自主運営にあたる。