家庭防災ハンドブック ホームへ戻る
家庭防災メモ印刷 チェックリスト印刷
備える 地震編 火災編 風水害編 応急手当 災害時要援護者

<一次>  非常持出品のチェック

一次非常持出品は、災害が発生して避難する時に、まず最初に持ち出すべきものです。
一次非常持出品には、次のようなものがあります。
非常食(水)
かんパン、缶詰など火を通さなくても食べられるものを用意しましょう。
非常食としては、カロリー源があり、満腹感があり、小さなものが適しています。
ミネラルウォーターなどの飲料水も必要です。(1人あたり1日3リットル3日分を目安)
その他、缶きり・栓抜き・紙皿・紙コップ・水筒なども用意しましょう。
携帯ラジオ
的確な情報をいち早く知るために、携帯ラジオを用意しましょう。
小型で、FM・AM両方を聞くことができるものを選びましょう。(四日市市では「FMよっかいち」(76.8MHz)で災害時の緊急放送を実施します。)
予備の電池は多めに用意しましょう。
懐中電灯
停電や、夜間の移動の際に懐中電灯は必需品です。
予備の乾電池を忘れずに用意しましょう。
救急・安全
ばんそうこう、きず薬、包帯、胃腸薬、鎮痛剤など一般的な救急用品や医薬品を用意しましょう。
持病のある人は、常備薬なども忘れずに用意しておきます。
お医者さんでいただく処方箋のコピーも用意しておきましょう。
貴重品
現金を用意します。10円硬貨は、公衆電話の利用に便利です。
預金通帳(コピーでも可)や印鑑
免許証、健康保険証、権利証書など(コピーでも可)
衣類・生活日用品
下着や上着、靴下などの衣服
タオル、ティッシュ、洗面用具、生理用品
雨具、軍手
ヘルメット、防災ずきん
マッチ、ライターなど

あれもこれもと思いがちですが、避難する場合の荷物は最小限にまとめてリュックサックに入れ、一度背負ってみましょう。
非常袋は、身近で目につきやすい場所に置くのが一番です。(例:寝室・居間)
<赤ちゃんのいる家庭では>
<妊婦さんのいる家庭では>