四日市市 防災情報

ナビスキップ 本文へ
ご利用方法サイトマップリンク集
育てよう 自主防災 ハザードマップ 避難所情報 地震と対策 国民保護法
四日市市 防災情報のトップページへ戻る 地震と対策 > その他のお知らせ > 緊急輸送道路とは  

緊急輸送道路とは

緊急輸送道路とは

地震など大規模な災害が起きた場合には、救助、救急、消火活動、応急復旧や物資の供給など広域的に緊急活動を実施する必要があります。
そのため、災害などの異常事態に対応した交通の確保を図ることを目的に、主要な道路や県、市町村の庁舎、救援物資等の備蓄地点などの防災拠点を連絡する道路が緊急輸送道路として指定されています。
この緊急輸送道路は、災害時に、関係する機関や道路管理者と連携し、円滑な道路啓開体制を整備するとともに、応急対策活動のため一般の交通を規制することがあります。

緊急輸送道路の種類について

<緊急輸送道路の定義>
高速自動車国道、一般国道及びこれらを連絡する幹線的な道路並びにこれらの道路と都道府県知事が指定するもの(地方公共団体等の庁舎等の所在地、救援物資等の備蓄地点等及び広域避難地など)とを連絡し、又はそれらの拠点を相互に連絡する道路及びそれらを補完する道路をいい、異常事態発生後の利用特性により、次の通り区分されています。
緊急輸送道路
ネットワーク
区分
利用特性(対象道路)
第一次 県庁所在地、地方中心都市及び重要港湾、
空港等を連絡する道路
@広域的な交通を分担することのできる高規格幹線道路
A広域幹線道路である一般国道(指定区間)
B防災拠点のうち県本庁舎、県総合庁舎、地方中心都市庁舎、国際拠点港湾管理庁舎、国際拠点港湾及び自衛隊駐屯地に接続する道路
C第1次緊急輸送道路ネットワークを形成するため上記@AB を連絡、補完する道路
※@Aのうち緊急輸送道路としてネットワーク化していない部分は除く
第二次 第1次緊急輸送道路と市区町村役場、主要な防災拠点(行政機関、公共機関、主要駅、港湾、ヘリポート、災害医療拠点等)を連絡する道路
@第1次緊急輸送道路と防災拠点である市町庁舎、市町分庁舎、道路管理庁舎、重要港湾及び耐震強化岸壁整備港湾等、海上保安庁庁舎、警察庁舎、消防本部庁舎、広域防災拠点及びヘリポート、災害医療拠点とを連絡する道路
第三次 その他の道路
@第1次・第2次緊急輸送道路を補完する道路
A第1次緊急輸送道路または第2次緊急輸送道路と防災拠点であるJR貨物駅・特急停車駅、近鉄特急停車駅及びを東海地震、東南海・南海地震の活動・物資搬送拠点を連絡する道路
第四次
(市指定)
第1次緊急輸送道路である国道1号、23号を補完する道路

緊急輸送道路ネットワークについて

危機管理室へのお問い合わせは
電話:059-354-8119 /FAX:059-350-3022
E-mail:kikikanri@city.yokkaichi.mie.jp