四日市市 防災情報

ナビスキップ 本文へ
ご利用方法サイトマップリンク集
育てよう 自主防災 ハザードマップ 避難所情報 地震と対策 国民保護法
四日市市 防災情報のトップページへ戻る 地震と対策 > 地震の基礎知識 > 東海・東南海・南海地震 

東海・東南海・南海地震

東海・東南海・南海地震の発生周期

東海・東南海・南海地震は、100〜150年周期で繰り返し発生しており、今世紀前半には必ず起きるといわれています。特に、東海地震は、1854年(安政東南海地震)以降、150年以上地震が発生していないため、いつ発生してもおかしくない状況です。また、この3つの地震は、これまでに、同時、あるいは時間的に接近して発生しています。

三大地震の過去の発生年・発生周期

東海・東南海・南海地震の発生確率

東海・東南海・南海地震が発生する確率は、以下のように予想されています。
東海地震 東南海地震 南海地震
30年以内 いつ発生しても
おかしくない
50%程度 40%程度
50年以内 80〜90%程度 80%程度

関連ホームページのご紹介 別ウィンドウ表示

地震の発生確率マップのホームページです。

危機管理室へのお問い合わせは
電話:059-354-8119 /FAX:059-350-3022
E-mail:kikikanri@city.yokkaichi.mie.jp