四日市市 防災情報

ナビスキップ 本文へ
ご利用方法サイトマップリンク集
育てよう 自主防災 ハザードマップ 避難所情報 地震と対策 国民保護法
四日市市 防災情報のトップページへ戻る 地震と対策 > 地震の基礎知識 > 津波 

津波

津波の威力

津波

地震が起きた後には、津波が発生する可能性があります。津波は地震や海底変動のとても大きなエネルギーが形になったもので、そのパワーは通常の波と比べてケタ違いに大きいものです。

震源に近い場所であれば、地震から5分もしないうちに津波がやってきます。例えば北海道南西沖地震では、約2〜3分で最初の津波が発生しました。

津波からの避難のポイント

  • より遠い場所ではなく、より高い場所へ避難すること。
  • 小さな揺れでも油断しない。揺れ方(震度)とマグニチュードは別です。直ちに避難しましょう。
  • 津波予報が発表されたら、直ちに避難すること。

津波発生のメカニズム

津波のメカニズム その1

海洋プレートの移動により、大陸の先端が引きずりこまれ歪みが発生します。

津波のメカニズム その2

歪みが限界に達すると、元にもどるためにはね返り、海水を押し上げます。

津波のメカニズム その3

持ち上げられた海水は四方八方へと広がります。海が深いほど高さは低くてスピードは速く、海が浅いほど高さは高くてスピードは遅く伝わっていきます。

津波の特徴

津波は波長がたいへん長い

短い波長

長い波長

台風のときに見られる大きい波は、水面が風にあおられて生じる海水表面部分の動きのため、短い波長が連続して発生します。津波は、海底の地盤の上下により海水全体が押し上げられ、非常に長い波長の波が発生します。津波は大きな波というよりは、異常に高くて急激な潮の満ち引きのようなものです。

津波は、押しと引きが長時間つづく

台風の波

津波の波

台風の波は、たとえ2mの波でも10mの波でも平均的な波の高さはまったく変わりません。津波は波長が長いために長時間にわたり波の押しが継続し、海水面が10m上昇したのと同じことになります。

津波が堤防を越えたり、堤防が決壊した場合は、あとからあとからとめどもなく海水が流入し、まさに海が盛り上がってきたという感じになります。津波にさらわれると数キロ先の沖合いまで流されてしまいます。

津波の危険性

津波の速さはジェット機並み

津波の速さ

津波の速さは海が深いほど速く、太平洋では、ジェット機なみの速さになります。海岸近くでも秒速約10mなので、津波が見えてからではとても逃げ切れません。

津波の高さは想像を超える

津波の高さ

水深が浅くなるにつれ津波の速度は遅くなり、後ろから追いついた津波が馬乗りのようになって急激に高く盛り上がります。また、海側が広く入り江が狭いV字型の湾では、津波の高さが急激に高くなります。

引き潮がなくても津波は来る

津波は突然来る

地震の起こり方や、震源付近の地形によっては、津波の前に引き潮が必ず起こるとは限りません。突然津波が襲ってくることがあります。

津波は繰り返し襲ってくる

津波は繰り返し襲ってくる

津波は1波、2波、3波とくり返し襲ってきます。また、必ずしも第1波が最大とは限りません。津波注意報や警報が解除されるまで気をゆるめず、海辺には絶対に近づかないようにしてください。

津波には巨大な破壊力がある

津波の波と普通の波は全く違います。津波は、巨大な水の塊が迫ってくる現象なので、小さい津波でも普通の波とはもっているエネルギーが全く違います。

津波では様々な漂流物が流されてきます。漂流物の衝突する力や地震の被害が加わり、人や建物、漁船やライフラインなどに計り知れないダメージを与えます。

下の表に、津波の高さと被害程度を示してあります。津波の高さが1mを超えると、木造家屋は部分破壊を起こします。2mを超えると全面破壊です。石造家屋でも津波の高さが8mを超えると、また鉄筋コンクリート建物でも16mを超えると全面破壊をおこします。

津波の高さと被害程度の対応表
危機管理室へのお問い合わせは
電話:059-354-8119 /FAX:059-350-3022
E-mail:kikikanri@city.yokkaichi.mie.jp