四日市市 防災情報

救急医療情報キット

突然の災害や急病の場合など救護を受けなければならないことが起きたら・・・  ひとり暮らしの方はもちろん、家族がいても駆けつけた救護者や救急隊員に必要な情報を冷静に伝えることはなかなか難しいものです。そんな時のために常備しておくと安心なのが、「救急医療情報キット」です。

「救急医療情報キット」とは、自分の氏名、年齢、持病、かかりつけ医、緊急連絡先などの情報を記入した用紙を円筒形のプラスチック容器などの中に入れ、冷蔵庫のドアポケットに保管しておくことで緊急時に活用するものです。また、玄関ドアの内側左上部と冷蔵庫ドア左上部に表示マークを貼って、救護者や救急隊に分かりやすいようにして下さい。


玄関、冷蔵庫等に設置すると効果的です

 本市においても、橋北地区、みゆきヶ丘一丁目、大谷台二丁目の各自治会が主体となって取り組んでいます。 今回、救急医療情報キットの保管例や容器の中に保管する様式、表示マークを作成しましたので、導入される場合の参考として下さい。また、地区単位で導入される場合は、地区防災組織活動補助の対象となる場合があります。詳しくは下記までお問い合せ下さい。

関連ダウンロード


Acrobat Readerのダウンロード
危機管理室へのお問い合わせは
電話:059-354-8119 /FAX:059-350-3022
E-mail:kikikanri@city.yokkaichi.mie.jp